加齢臭でお悩みの女性に向けた、加齢臭の原因・予防・対策をご一緒に考えるサイトです。

 
     女性にもある齢臭  
 女性にもある婚加齢臭

加齢臭は女性にもあります
加齢臭の原因はノネナールです
  ノネナールは女性でも増えるのです
  婚活にも支障が
   妊娠すると悪化する
   急がれる妊娠・出産
臭い物質は汗腺で出来る
  臭いが気になる部位は
  活性酸素が加齢臭を増強する
  どんな人が加齢臭になりやすいか
女性の加齢臭対策
リンク集













 

  臭い物質は汗腺で出来る?


 

 人の皮膚表面には無数の汗腺があります。汗腺は主にアポクリン腺とエクリン腺に分けられています。
アポクリン腺は毛の根元にあって、そこから分泌される汗の成分には皮脂やタンパク質が含まれています。皮脂は常在菌(善玉菌)によって分解されて、臭いを発生します(24)。この臭いは個人によって異なり、自分の臭いや彼女の臭いなどとして認識されることになります。
つまり、彼女のいい臭いは善玉菌の表皮ブドウ球菌が、アポクリン腺やエクリン腺から分泌される皮脂や汗を食べて良い香りの脂肪酸を作り出しているからなのです(7)
彼女の臭いが好きだ!と感じる事は、つまりそれは一種

のフェロモンなのですよね。
 
アポクリン腺は、腋の下、陰部、乳輪、外耳道、鼻翼などに限局していますが、もう一方のエクリン腺は体中の皮膚表面に分布していて、汗(エクリン腺から分泌される汗は塩分と水分が殆どなのです。)を出して体温調節をつかさどっています。
ところが年齢を重ね免疫力や卵巣機能が低下して、悪玉菌の黄色ブドウ球菌や真菌、白癬菌が増えてしまうと、アポクリン腺やエクリン腺から分泌される皮脂や汗を食べて悪臭の原因になる脂肪酸を作ってしまっている、という訳なのです。
つまり、皮膚にいる細菌の種類によって、いい臭いがするか、嫌な臭いがするかが決まるのです(7)。
普通、細菌が皮膚に感染しても綺麗に洗い流してしまえば、それですぐに治ってしまいます。ところが真菌や白癬菌は、あまり強い菌ではありませんが、感染すると真皮の奥深くまで潜ってしまうので治りにくいのです。

 






 BACK
   NEXT