加齢臭でお悩みの女性に向けた、加齢臭の原因・予防・対策をご一緒に考えるサイトです。

 
     女性にもある齢臭  
 女性にもある婚加齢臭

加齢臭は女性にもあります
加齢臭の原因はノネナールです
  ノネナールは女性でも増えるのです
  婚活にも支障が
   妊娠すると悪化する
   急がれる妊娠・出産
臭い物質は汗腺で出来る
  臭いが気になる部位は
  活性酸素が加齢臭を増強する
  どんな人が加齢臭になりやすいか
女性の加齢臭対策
リンク集



 


























婚活にも支障が


   
女性の間にも加齢臭が認められていますが、最近では若い女性の間にも広がっています。
若い女性が悩む問題に、おりものの臭いがあります。病院に行くのは恥ずかしい、人にも相談しにくい。ということで治療が遅れがちになります。
陰毛にはアポクリン腺があります。アポクリン腺に黄色ブドウ球菌や真菌、白癬菌などの悪玉菌が感染すると、様々な悪臭物質が産生されて、外陰部の臭いになってしまいます。アポクリン腺から分泌せれる皮脂は酸化分解されるとノネナール等の過酸化脂質が沢山作られてしまうのです。
膣にはデーデルライン桿菌がいて、卵巣ホルモンの作用で成長した膣上皮細胞が分泌するグリコーゲンを栄養源にして膣内に生息しています。つまり膣常在菌なのです。
 
グリコーゲンを食べたデーデルライン桿菌は乳酸を作り、膣内を酸性にして他の病原菌の繁殖を防いでいます。これを膣の自浄作用と呼びますが、細菌を防いで膣を清潔に保っているのです。
このように膣は細菌感染を受けにくい臓器なのですが、糖尿病、妊娠、風邪などの治療で抗生物質の内服、加齢などによる免疫力の低下などで抵抗力が下がっていると、膣炎が発症してしまいます。
膣炎を起こす原因菌は、淋菌、梅毒、クラミジア、トリコモナス、カンジダ、大腸菌など様々ですが、最近では加齢臭の原因になる黄色ブドウ球菌や真菌、白癬菌などの悪玉菌感染が増えてきています。
おりものの臭いを予防するためには、局部を清潔にする事に尽きます。細菌の繁殖には水と栄養が必要ですから、常に清潔に気を付け、蒸れないようにすることが大切です。性液や尿、生理の血液などは雑菌の栄養源になりますので注意が必要です。通気性の良い下着を身につけ、ビデや石鹸は酸性のものを使うことが望まれます。

最近、セックスレスカップルが増えているそうです。その原因の一つに臭いがあります。
それは男性の臭いばかりではなく、女性の臭いが原因でセックスレスになっているケースも少なくないようです。自分の臭いは案外分からないものなので、おりものが増えたり、かゆみを感じる人は注意が必要です。
     


 
BACK 
   NEXT